2013年3月30日土曜日

チームメイトはプロの音楽家

どうもです。少々遅れて大変申し分けありませんがおめでたい話題!!


今回はBTLBRIKESのサポートライダーとしてチームメイトであり、本職は音楽家(ミュージシャン・プロデューサー)でもある古屋博敏さんとのネタ。

最近、古屋さんが総プロデュースを勤めあげたCDアルバムをリリースしました。
そのCDを頂きましたので紹介したいと思います。

CDアルバムのタイトルは「PHILOSOPHY」(フィロソフィ・哲学)
現在、お近くの店頭やアマゾンでも購入することが可能です。


メインの演奏者は小川 実(おがわまこと)。古屋さんに才能を認められ、今年は早稲田大学を卒業。僕と同い年の彼は早稲田祭でのMTBショーで共演した間柄です。この度はおめでとうごさいます。今後とも心から飛躍を願っています。


CDの裏面にはバッチリプロデューサーの古屋さんも写っています。
見事にCDがパッケージングされて手元に届くと、とても興奮しますね!!
ジャケットの中には僕が撮影した写真も含まれているので是非チェックしてみてくいださい。

僕もこのCDアルバムの製作にカメラマンとして参加ささせてもらっていたのでそちらの紹介もしたいと思います。

僕の仕事はメインのカメラマンの現場でのお手伝いと、演者のオフショットや風景の撮影。


実際にCDのジャケットの撮影は美容室を借り切ってプロのスタイリストさんとガッチリ絡んでいきます。


カメラマン、スタイリスト、演者が一体となってまるでチームのように限られた時間の中で撮影を行っていきます。


やはり現場の雰囲気が一番です。撮影だから緊張感が漂うというよりも、その場にいる人間達が楽しんで健全で、良い雰囲気の中で撮影が進んでいきました。

そして,数あるショットの中から厳選し、デザイナーの手によってCDジャケットが完成します。


こうやっていろいろな人種(業務)が絡み、一丸となって一つの物を作り上げていく工程を見れた事は人生においてとても貴重な経験になりました。

↓そして、僕もチラシ(ポスター)の方のデザインを担当させて頂きました。


ピアニストの小川 実のケースもそうでしたが、才能を見込んでくれて、こうしてチャンスをくれる古屋さんにはありがたいとしか言いようがありません。
CDのジャケット内にも僕の写真が採用されています。こうして、自分が現場で情熱を注いだものが世に出て行く感動を始めて知ることができました。

まだまだ勉強中の至らない私ですが、今回は貴重な経験ができました。
皆さん、ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿