2012年3月31日土曜日

今日!シンプルセッション!2012!

どうも!

エストニアで行われる今年のシンプルセッション2012!今日です!!


日本からは1040tvこと高木聖雄さんとダニエルダイスケ米田さん、さきさん、クリスさんが参加する模様です。

面識としてはダニエルさんとクリスさんに一度会った事があるぐらいですが全員応援してます!

あと3時間後に迫ってまっせ!!

インターネットで中継されるそうで絶対見た方がいいですよ!!

ウェブ中継のリンクをはっておきますね→!!シンプルセッション2012へGO!!

(上手くリンクできなかった時のための検索方法。
 simple session 2012 からLIVEへいってください~)

デルモ撮影

どうも。

今回は知り合いの方からモデルの仕事頂きました。

なんと自分がSEIKO WIRED 2012 の腕時計のモデルをやらせていただきました。
もちろん顔は出ません。そういうモデルではなくて素人の大学生を中心に選ばれたモデルでした。

一日の流れです↓


朝早く銀座で撮影クルーにピックアップしていただきまして~

撮影スポットへ移動しまして~




撮影場所:

八王子、東京工科大学(日本工学院専門学校)

敷地内はとても広くてなんだか羨ましかったですね。

ただ、移動は大変そうでしたね。







衣装合わせていただきまして~

いざ撮影。



































自分以外にもTUBAGRAのレオンや、アキラ、スケーターや自分の友達も参加しました。

どんな感じになるのか楽しみですね!

まだ発売はしていないため、詳細や時計の写真をアップすることはできませんが、おって書いていこうとおもいます。

以上。

2012年3月26日月曜日

ヴィレッジトップ!わず。

どうも。

昨日(土曜日)に初めて勝田台のヴィレッジトップにお邪魔しました。

ビレッジトップは八千代市、京成線の勝田台駅の近くにあるMTBパーツ専門店です。

幕張のりょうたなどの話からお店の存在は以前から知っていたものの、足を運ぶ機会がありませんでした。

そして今回、自分のサスフォークの調子が悪くなったために、初めて相談に伺いました。

現在パイクのUターンを使用しているのですが、完全にコイルがヘタっていてハードに着地すると底突きしてしまうのです。。そして後からフォークが歪んでいる事実も発覚。


今回は最近お店によく足を運ぶという海浜果幕張のよしえさんに連れていってもらいました。

店主さんは親切ていねいな対応ですね。サスフォークのインナーを交換するのか、もしくは新品を買った方が良いのか見積もりをだしてくださいました。

パーツの一つひとつを調べて頂き、細かいアドバイスまでして頂きました!ありがとうございます!

そして結論から言うと、新しいフォークを購入する事になりました。何を買ったかはお楽しみで!

↓左が店主さん、右がよしえさん。

店内は自転車好きにはたまらないパーツやフレームでごったがえしております(笑)


今後もお世話になりそうな期待、大ですね!

フォークの入荷が楽しみです。

皆さんも是非一度はビレッジに行ってみてはいかがでしょうか?

気さくで丁寧な店主さんとマニアパーツが待ち受けておりまっせw

以上。

2012年3月23日金曜日

ダート病

どうも!天気悪いですね!

今月あたりから”週末に限って天気悪くなる”という最悪の周期で雨が降ってくれちゃってますね!!

「FU〇kkk!!!」と言っているそこのあなた!ダートで乗りたい気持ちは良く分りますよ!

ということで今回はそんな僕たちの気持ちがお天道様に届くように、ダートの動画紹介でしめくくりましょう!

ということで自分が良いと思ったダートの動画無作為に選んでみました。

このブログご覧の方でおススメ動画ありましたら教えてください!


Short Edit HQ
海外のキッズライダー。(?)
発展途中のスタイルが自分とダブります。
BGM好きです。

Dirt Biker im Dirt Park
ザ・ダートジャンプといったような王道な動画。
TシャツにGパン、最高です。
太めのパンツでノーフット・キャンがツボですねw


[MTB] Mountainbike Freeride Mix in HD
こちらも古いです。
有名動画のMIX版
色々ヤバいシーンがありまっせ!

2011 happy ride
去年。
アンドリューもデモライダーとして参加!

Andreu lacondeguy crankworx 2011
 
ダートキングの動画。

go pro mtb
 
レジェンドから若手までの動画。
自分が初めてダートやりたくなった動画。

以上。無作為選動画。









2012年3月18日日曜日

古屋さんDSB参戦!

ども

話は前回の続きです。
新浦安からダートコースに行くと、ゆうきさんが自主練習しており奇遇でした。
そして古屋さんにも来ていただきました。

そこでいろいろ話が盛り上がり、古屋さんもDSBに入って頂くことになりました!
前々回も古屋さんのことを紹介いたしましたが、今回はDSBメンバーとして紹介させて頂きます。


本名、古屋 博敏 (ふるや ひろとし)さん。

本業は音楽プロデュースや楽曲制作を手掛けているそうです。
現在はキングインターナショナルさんにサポートされているそうです。
(気になった方は是非古屋さんのホームページへ。)


そんな古屋さんに5つの質問に答えて頂きました。
<1.自転車歴>

:中学生
ブリジストン(車名は失念)
ミヤタ:RIDGE-RUNNER
:高校生
キャノンデール:M2000 (初代ANSWER MANITOUブッシュフォークを付けた。
親父は高すぎる自転車に頭を抱えていたが、  レースにも出まくって、白馬へ通う日々であった。)

GT:RTS-1(ROCKSHOX創世記の名機、MAG21を付けた。やはり高かった。バックフレームはチタン製に交換。バイト代は全てチャリに消え、いわゆる完全なチャリ馬鹿。)
その後しばらくモータースポーツ
(2輪オンロード。結構勝ったりしているうちに国際ライセンスがとれた。)

:現在
スペシャライズド:DEMO8
インテンス:TAZER

<2.普段乗っている場所>

幕張MTBコース フラワートレイル 高峰MTBコース 富士見パノラマ

<3.好きなフィールドやライディングスタイル>

ダウンヒル ダートジャンプ

<4.好きなライダー>

ジョン・トマック、グレッグ・ヘルボルト、ハンス・レイ(この人達に、高校生時代死ぬほど憧れた)
最近だと、グレッグ・ミナー、ジャレッド・グレーブス、トロイ・ブロズナン、アーロン・グィン、アサート   ン兄弟などメジャーどころ。

<5.これからの抱負や意見などあればお願いします>

自分自身としては、とにかくもっと上手く自転車を操りたいですね。
それから、自らのエンターテイメントという職業を活かして、少年時代から憧れに憧れたMTBの世界を、日本国内でもメージャーなスポーツに育ててみたいと思っています。エンターテイメントという括りで考えると、やれることは山ほどあるし、こんなにカッコイイスポーツなんだから、もっと認知されてしかるべきだと思っています。欧米に行くと、自転車というジャンルに市民権が与えられているように映るし、世界的なスターも沢山いますよね。
日本にも、”道具”としての自転車ではなく、”エンターテイメント”としての地位が与えられると良いですね。

ダウンヒルメインでありながらダートジャンプもこなせてしまう古屋さん。

5番目の質問で「日本のMTB界を盛り上げたい」とおっしゃっていたように、MTBに深い情熱を感じますね。

お話を伺っていると大きな企業やメディア、自分の所属している業界の力を駆使してMTB界をもっと盛り上げたいと本気で考えているようで、これから企画してみたい構想がいくつかあるみたいです。

これからはDSBとしても共に活動していただくので、今後の動向が非常に楽しみですね!!



前々回でも古屋さんの本業について紹介しましたが、音楽プロデュースや楽曲制作はもちろんのこと、ご自身も歌手として活躍されています。

ホームページでも掲載されていますが、現在CDを発売しているそうです。
今回はそのCDをいただけたので紹介したいと思います。

いただいたのはご自身の2曲入りのCD。詳細は是非ホームページへ

聞かせて頂きましたが、プロですね。
素人の意見ですので恐縮ですが、クラシックで上品な雰囲気がとても印象的でした。
歌詩はすべて英詩で、心地良い響きです。
リラックスしたい時や寝る前に最適な音楽だと感じました。


こうして特殊なMTBライダーさんをDSBにお迎えしました。
今後の期待「大」で!よろしくお願いします。

以上。




2012年3月16日金曜日

BTL撮影in新浦安

DOM!


今日は充実した一日でした、、、。

大学までBTLを持って行き、お昼休みに大学周辺で自転車撮影。夕方近く大学の用事を済ませ海浜幕張ダートコースで地味練習という流れでした。

それでは写真をどうぞ~




新浦安は隣駅の舞浜にディズニーランドがあるため、ディズニーリゾートの宿泊施設などがある街です。駅周辺は南国風のオシャレな街並みが続くため撮影にはもってこいのスポットかと。

大学から海岸までは徒歩3分と近く、大学の6階にある食堂からはオーシャンビューが望めます。




以上新浦安撮影会でした。

2012年3月14日水曜日

The One Day

どうも!

今日は昼過ぎから海浜幕張ダートにコソ連しに行ってきました。

そこで思わぬ出会いがありましたので報告したいとおもいます。

コースに着くとすでに二人のMTBライダーがいました。

後でブログ用に写メを撮ろうと思っていたのですが、一人の高校生のクロカンライダーは僕が乗っている間に帰ってしまいました。 すぐに声かければよかった、、、。。

そしてまだ乗っていた人にすかさずブログ用に写真を撮ろうと声をかけたのですが、この人が凄い人でした。


本名は古屋博敏さんといいまして、趣味でMTBに乗っていますが本業は音楽プロデュースや楽曲制作を手掛けているそうです。現在キングインターナショナルさんにサポートされているとか。

過去にあのエリック・クラプトンなど外国人ロックミュージシャンのツアーにバンドクルーメンバーとして参加したこともあるそうです。ここで彼の経歴を書ききれないのでHPをCHECK!!

そして、彼のブログもチェック。楽器とバイクが入り乱れております。フルフェイスでピアノ演奏w。


ダウンヒルメインで乗られているそうですが、ご覧のようにダートジャンプもできてしまうんですね。

そして、今回動画にフューチャーして頂きましたので紹介します。
アイフォン撮影のためクオリティが、、、、編集が、、


コース近くに住まれているそうで海浜によく来るそうです。
是非DSBメンバーに入ってほしいですねw

以上。

2012年3月13日火曜日

セッティング変更

どうも。

最近BTLのフレームに慣れてきました。

そこでフロント周りで問題点が発覚しまして、、、。
バーを変えてしまいました。

最初のセッティングとしてはパイクの100mmストロークフォーク、0ライズのステム、BTL「FTW」ライズ3.25を使用していました。
しかし、これではバーの位置が高すぎてしまい、ダートを飛んだときに上手くバイクを引き上げることができませんでした。(その分ミニジャンプランプ、フロントアップやバニホ、マニュアルの動作はかなりクイックです)
ですが専攻のダートで良いパフォーマンスはおろかクラッシュにつながってしまうと感じました。
そこで、ハンドルバーのライズを2に下げて調整する事にしました。すみません篠塚さん。YURISさん。


解決方法としてはフォークを改造、または購入という形でストローク数を下げて行きたいと思います。ちなみに現在のパイクは改造出来ない規格だということが分りました。
新規or中古購入の線が一番ですね、、、。

ハンドルのライズが3あるとターンダウンなど技も増えるので絶対FTWに戻します!
それまではこのハンドルバーでお許しください汗))


以上悲しい報告でした。

2012年3月11日日曜日

BTLのBar と DABOMBのStem

どうも!

前回に引き続き、サポートで頂いたBTLのBarとDABOMBのStemを紹介したいと思います。

乗る回数が増えて特質が見えてきました。

まずは、BTLBIKESのBarから紹介します。

(BTLBIKESより)

「FTW」というハンドルバーです。
KAIがブラックを、自分がシルバーを頂きました。
これがジオメトリです。(BTLBIKESより)

Clamping size: 31.8mm
Width: 31.5”(800mm)
Rise: 3.25”(83mm) to end, 2.36”(60mm) to bent.
Sweep: 5 degree upward, 12 degree backward
Weight: 12.7oz (360g)


ご覧になって気付くかも知れませんが、かなりバックスウィープがありますね。
僕は身長165cmの小柄な体型ゆえに手も短く、広くハンドルを持てない為このバックスウィープがあるとハンドル操作がしやすく感じます。
また、このバックスウィープによりバニーホップの引き上げの動作が軽くなり、マニュアルや回転系でもその効果を発揮していると感ました。

フロントショット:自分が頂いたシルバー。



次にDABOMBのStem 「MK19 2012」の紹介です。
これがジオメトリ(サイトより)
Features:
• Material: 6061 alloy
• Technology: CNC machined
• Clamp Diameter: 24.5 mm to 31.8 mm
• Length: 40 mm
• Rise: 0 degree
• Weight: 225 g 


なんとこのステムはソケットがついており、ソケットを付けることにより太さが異なる24.5 mm と 31.8 mm の2タイプのバーをはさむことができるのです。


自分は以前バイクのセッティング(バー)を変える度にステムまで変えていました。
そんなわずらわしい行事を減らすことができて本当に光栄ですw
皆さんもGETしてセッティング地獄からいち早く脱出してくださいw
YURISさんありがとうございます。

以上バーとステムの紹介でした。

BTL:BIGBUCKSの乗り味

どうも。

最近天気があまり良くありjませんね。

ですが、雨上がりなど暇があればちょくちょく乗ってます。

乗る回数が増えるごとにフレームの乗り味が見えてきたきがします。

そこで今回はBTLフレームのレポート。
※自分は身長が165cmの小柄な体型ということを念頭においてください。
※以前乗っていたトレイル重視規格のフレーム、インジスト:RAGEとの比較になりがちです。
 (過去にそのフレームしか乗ったことがない為)


・まずはフレームの紹介

特徴
・73㎜ MID BB
・カンパヘッド
・135*10㎜(20㎜のスライドクリアランス)トラックエンド
・4130クロモリ ダブルバテッドチューブ
・チェーンステー部にあるカスタムヨーク
・2.5”スリックタイヤも装着可能な368㎜チェーンステー

ジオメトリ(肩下470㎜の100㎜フォーク、2.1”タイヤ装着条件)
・ヘッド角 70度
・シート角 72度
・トップチューブ 554㎜
・シートチューブ 292㎜
・チェーンステー 369㎜(26*2.5"装着)
・ホイールベース 1025㎜
・ヘッド長さ 125㎜
・BB高さ 325㎜ 地上より
・スタンドオーバーハイト 615㎜ 地上より
・重量 2.5kg
・シートポストサイズ 28.6㎜(27.2㎜シム付属)、31.8㎜クランプ
・BB幅 73㎜MID

以前自分が乗っていたインジストのRAGE(トレイル重視規格)よりは全体的にコンパクトな設計になっています。


<以下は自分が特出していると思った事を挙げていきます。(偏見と独断により)>

・トップチューブ 554㎜
前述したように自分は以前インジストRAGEに乗っていました。トレイル重視の設計によりトップチューブが長くて(実測約580mm)ストリートで扱いづらかったのですが、BIGBUCKSはストリートでの回転しやすかったです。短すぎず長すぎないバランスの取れたジオメトリと感じました。
(もちろん、インジストRAGEはトップが長くてダートでかなりRをつかみやすかったです。)

・ヘッド角度 
インジストで諦めていたストリートも難なく乗ることができます。
ヘッド角度70度はストリートで重要な回転系のトリックにかなり貢献してくれています。
180や360を回る時に「スパッ」と気持ち良くハンドルが切れるのでMTB特有の「モッサリ」とした              切れのないイメージがありませんでした。

・MIDBB
BMXで多く採用されている規格ですが、インジストで使っていたユーロBBより強度が増して、BB周  りのヘタリも少なく感じます。

・チェーンステー (369㎜)


チェーンステーが短ければ短い程バニーホップなどのストリート系トリックがクイックになります。
ご覧になって気付くかと思いますが、BIGBUCKSのシートチューブは弧を描いております。
これで目いっぱいクリアランスを縮めてもタイヤがシートチューブに接触しづらくなっております。
 
自分の場合は、ダートメインのセッティングのため後ろの方にクリアランスを取っています。
これは、ジャンプの際Rをつかみやすくするためにあえてクリアランスを広げています。
ちなみに385mmです。これはダート重視設計のインジストRAGEとほぼ同じ長さで、ダートを飛ぶのに十分なクリアランスだと思います。

<総評>
ダートとストリート、ジオメトリがどちらにも偏り過ぎておらずバランスの取れた設計だと感じました。
つまり、BIGBUCKSは個人のセッティングによりストリートとダートの両方を味わえるNICEなフレームだと思います。
これはBTLテストライダー二人の「ストリート専攻のKAI」と「ダート専攻の自分」が選ばれた理由かもしれませんねw。

皆さん、現場で声をかけていただければ試乗OKですので是非この感覚を一度体験してみてください。

以上。

2012年3月7日水曜日

良質な動画

どうも!

体力も回復してきました。そろそろ乗り始めなければ。

そしてBTLの動画作らなければ。

まあ、そんな意味も込めて動画のお勉強というか、、。

最近上手くできてる動画をみつけたのでどうぞ。


これを目指している訳ではありませんが、ロケーションやフィールド、天候やカットなど上手く選択することによってこんなにカッコイイ動画ができるんですね。

特にこれといって難易度の高い技を決めている訳でもなく、ただダウンヒルしてるだけの動画ですが、作り手によってこんなにカッコよく見えるんですね。

カラフルなフルフェイスも地味な世界に際立ちますね。
ミュージックも幻想的な世界観に合ってると思います。


なんか素人が変に語ってしまいた。
これを見た動画制作に長けている人がいましたら、声をかけて頂けるとありがたいです。
是非勉強させてください。


最後に、自分がMTBに手を出すきっかけになった動画を紹介。


カラッとした良い気候ですね。こんなフィールドで乗るのが羨ましくなってしまいます。
これをみて「ああ、気持ち良さそうじゃん!」ってなりましたねw

 

2012年3月2日金曜日

NICEなRIDER

どうも

外出られるのはまだ当分かかりそうです汗))

てことで、動画を紹介。

超有名人、martin soderstrom(マーティン・ソーダストーム)

基本ダートですがオールジャンルのりこなせてます。どこでもバースピ&テイルウィップ。

サスも見た感じショートストロークしてなさそうですし、ハンドルバーもライズありますね。

皆さんもこんな最強にバランスのとれたライダーになりたいですよね?
自分もっす!


あと、ライディング中の引きつった顔も嫌いではないです。
「頑張ってるんだなあ」と思えますw

↓はダートメイン

以上。

うえあ~

というぐらい
ここ一週間体調が芳しくありません。乗れてません。

気付いてみると、SLKYPIXのYさんの画像がYUKONさんのページにありました。

自分の写真もありましたので、使わせていただきます。

キレイな写真ありがとうございます。